リーダーの養成も大事だが、底辺の底上げはもっと大事なのだ

リーダーの養成はだれでも思いつく。逆なのだ。底辺を底上げすることが、日本の会社には必要なのだ。

リーダーが笛を吹いても、底辺が踊らなければ、会社は回らん。日々、会社を回しているのは、底辺であって、決して、リーダーではない。

そもそも、カネのために仕事をしているのではない。いちばんの報酬は、面白くてためになる「仕事」である。確かに、カネは必要条件である。しかし、十分条件では決してない。

こんなことを底辺は考えているのかもしれない。
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2004-11-17 23:37 | サラリーマンサバイバル日記
<< 日中首脳 20日会談へ 憲法改正自民素案 >>