パパの育休、義務化/有給・年6週・宿題も(群馬・太田市)

群馬県太田市が来年1月1日から連続1週間の育児休暇を年6回取得するように義務化する。女性職員には適用されないが、まずは男性が育児に取り組む環境づくりが必要、とのこと。正論だ。

少子高齢化が進み、来年は日本人の平均年齢が50歳となる。

ところで、正しいと信ずることを堂々とやれば道は開けると思う。民間から怨嗟の声が聞こえてくるだろうが、気にせずやればいい。結果が出れば、ドミノ倒しのように、やがて民間にも及ぶ。否、たとえ結果が出なくても、男性が育児に取り組める環境を作るのは、いろんな意味で正しい。

行ったことはないし、どんな町かも知らないが、太田市の勇断には敬意を表したい。その名はひとびとの記憶に残るだろう。
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2004-12-02 21:10 | 今日の新聞
<< 見参!ピンク映画の七福神/文化... エジプト、化学兵器「維持は権利... >>