社説 産経社説 こちらこそ驚いた

…だれでも自分の国を大切に思う気持ちに変わりはない。しかし、同時に他国の人たちに十分目配りをしなくてはならない。そうでなければ、正しい歴史を次の世代に伝えることにはならない…



知らなかった事実。

まず、「つくる会」の教科書、その発行元の扶桑社は産経新聞と同じフジサンケイグループに属している事実。つぎに、扶桑社の営業担当者が検定中の申請本を各地の教員らに渡していた事実。また、それにより扶桑社は3度に渡って文科省から回収を指導され、それが国会で明らかになった事実。

これらの事実からいえること。

まず、自らがかかわっている教科書を自社の紙面で宣伝してきたと言われても仕方ないということ。

つぎに、申請本の内容が外部に流れて報道されたり、批判されたりするたびに反論していたが、実は、自作自演、つまり自分で配って、外部に流していたこと。

中日新聞より発行部数の少ない産経新聞はもはや全国紙といえるだろうか。数字は正直だ。世相は追い風のはずなのに、である。
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2005-04-08 23:18 | テーマ2:リベラル
<< 愛の旅人 米テキサス・パリ 独... 自民党憲法改正要綱 >>