大阪のおばちゃん

こんにちは。インテ郎です。

大阪はオレオレ詐欺の被害、全国比で1パーセントなんだそうです。
そこで、静岡県では大阪のおばちゃんをオレオレ詐欺への注意よびかけCMに起用しているとか。評判はすこぶる悪いそうですが。



確かに、大阪のおばちゃんは誰にでも気安く話しかけてきて、だめもとで値下げ交渉はするし、派手なファッションで、他府県の方々には「下品だ」などと敬遠されがちですね。

でも、体裁や世間体より実質的な利益を優先させる精神には学ぶべきものがあると思います。

町村外相の中国代表とのやり取り、見ていてイライラしませんか?
大阪のおばちゃんの方がよほどはきはき物言って、見ているほうも気持ちいい。

昔クリントン大統領が、モニカルインスキーとの不倫スキャンダルの後来日し、大阪のおばちゃんに、歯に衣着せぬ鋭い質問をされて苦笑していました。

あの一歩も引かない交渉力、見栄より実利をとるたくましさ。日本の外交官に是非見習っていただきたい。

外務省は、常任理事国にならなければ重要案件について萱の外に置かれ、情報が流れてこない。常任理事国にならなければ十分な外交活動ができない。などと常任理事国入りの重要性を強調します。
しかし、その前に自分自身の外交手腕をもっと磨いてもらいたいものです。
ノルウェイなどは常任理事国ではなくても、「オスロ合意」などで世界の一員として存在感を発揮しています。

与えられた条件のもとで最大限の努力を本当にやっているのでしょうか。
今回の中国の反日デモについても、中国の術中にはまっているという感が否めません。

是非、大阪のおばちゃんから、たくましい交渉術と人心掌握術を学んでください。

大阪のおばちゃん

ところで、ぱきしる社長も大阪のおばちゃんです。ケチなのでだぁりんの小遣は悲しいくらい少ないのですが、だぁりんはけなげに頑張っております。

でも、おちゃめなぱきしる社長。
先日、だぁりんを家に残して車でお出かけ。帰りが少し遅くなってしまって、心配してるだろうと思ったぱきしる社長はだぁりんに携帯で電話をしたんですが、
「もしもし、私、私。事故起こしちゃった。100万円送って。」な~んて言ったものですから、慌てただぁりん、
「うそぉー!」と、びっくり。
「うっそぴょ~ん。」と、ぱきしる社長。

でも、本当にだぁりんがへそくりしたり、実家の親からお金もらっていないか探ろうとしていたのかもしれません。あ~、怖ろしやぁ、大阪のおばちゃん。

*だぁりん=ぱきしる社長のだんな様
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2005-04-19 22:48 | 今日の新聞
<< やすおさん復活 アイヌの民族旗 >>