<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仕事考 天職にしていく

…どちらも仕事内容にあまり興味はなかった。ただ、仲間と懸命に取り組み、喜んだり悔しがったりして仕事に巻き込まれていく感じが、楽しかった…今の環境でどこまでできるかとことんやって、それでダメな時に考えるのが転職です。ただし、「天職がどこかで自分を待っている」なんてことはない。出合ったものの中に喜びを見いだし、自分の力で天職にしていく。そういうものだと私は思います。

つづきを見る
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2005-08-31 21:03 | テーマ6:生活

靖国論争をめぐって 生者は儀礼決められぬ 言葉を持たない死者に権利 内田樹

国論を二分するほどの論争は、賛否の論者たちどちらの言い分にも「一理」があり、かつ「一理」しかないからこそ起こる…今、靖国神社をめぐってきびしい賛否の議論が展開されている…共同体の「喪の儀礼」はどう執行されるべきか…人間はなぜ葬礼を行ったのか…正しい葬礼を行わなければ、死者が戻ってきて災いをなすという信憑は有史以来すべての人間集団が共有してきた…

つづきを見る
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2005-08-30 23:43 | テーマ5:政治・経済・社会

ポピュリズムとニヒリズム 金子勝・慶応大学教授

…小泉政権のもとで、国債と借入金の残高は約540兆円(01年3月末)から約780兆円(05年3月末)まで大きく膨張した。国と地方の長期債務残高は国内総生産の1.5倍で、第2次大戦中の規模に匹敵する。戦争、革命、インフレ以外に、これほど巨額に累積した国債・地方債を解消した事例は評者は知らない…

つづきを見る
[PR]
by Yasuo_Ohno | 2005-08-29 20:31 | テーマ5:政治・経済・社会