虚妄の成果主義

It was like a battle field.

外に軍靴、内に失業。暗い世相であった。

Managements forced 'resignation' to employees enlisted as the hopeless. It was cheaper to make them quit voluntarily than to fire against their will. The difference was whether there is workers' agreement or not.

少し古いが、高橋伸夫「虚妄の成果主義」(日経BP社)。高橋は問題の核心をついている。数学風にいうと、金は必要条件だが、十分条件でない。

With an official notice, managements forced hopeless employees to look for new jobs. They put employees in the corner using official notice of assignment.

Was it American Way?
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-15 19:46 | 読書の部屋

映画と記憶

a0034978_223217.jpg映画を見てもストーリーはすぐ忘れてしまう。あの映画はよかった、いまいちだった、とかは覚えている。もうちょっと具体的な印象も覚えている。スリリングだった、感動的だった。

たとえば、ルノアール監督の「黄金の馬車」は感動的だったし、タランティーノ監督の「パルプフィクション」は巧妙な仕上がりにうならされた。こういう印象なら語れる。

An impressive shot sometimes remains.

印象的なシーンなら、覚えていることもあるし、そうでないこともある。でも、これらは、思い出すのに何かきっかけがないとだめだ。

But as for my wife, things goes in a different way. She remembers structure of stories. Detailed stories. I'm wondering she has a special talent as a story teller.

Maybe, I get excited and I cannot stay cool. This is why I lose memory of film stories. Or just a fool.
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-13 12:38 | シネマンガ研究会

LDP LOST

The voting rate is about 56%. Incredible!

投票の義務化はどうか。否、ムチはいい。投票にアメを与えるのはどうか。生活に関係ないはずはないのだが、あまりにも1票は小さい。ほとんど「無」に近い印象。

Some say people were disappointed at the politics. Others say people cannot have interest in such a big problem as the Iraq War and the Pension System.

Anyway, the rate was low while nobody seems to feel nothing about it. We got used to the low rate too much.

ちなみに小生は行きました。外は雨でした。

The TV shows Democrats Gains, Liberal Democrates Loses. But I think the framework never changes since the Religious Pty will join the coalition as before.

公明自民の連立内閣が変わらないなら、議論無視の多数決民主主義も変わらない。強行採決するなら議会なんて意味がない。
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-11 20:37 | 砂上の楼閣・おやじの主張

日本映画ぼくの300本

a0034978_143226.jpg双葉十三郎のシネマガイド。文春新書。90年代以降、とんと映画から遠ざかってしまった。

Talking of Japanese movies, Sadao Yamane was the most favorite critic.

双葉十三郎によれば、つぎのようなリストが近年のベストらしい。

池端俊策「あつもの」(99)、森田芳光「黒い家」(99)、澤井信一郎「時雨の記」(98)、篠田正浩「写楽」(95)、熊井啓「本覚坊遺文 千利休」(89)、澤井信一郎「わが愛の譜 滝廉太郎物語」(93)

Film directors have their own stable power. The best directors make the best films. It is reality.

ところで、サラリーマンサバイバル日記の趣旨からいえば、「たそがれ清兵衛」で真田が演じていた、サラリーマン武士のたそがれた感じがよかった。生活感から遊離したものは、どこか意匠に幻惑されていて、本質から逸れているように思える今日この頃です。
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-11 14:33 | シネマンガ研究会

思想なんかいらない生活

ちくま新書。著者は勢古浩爾。インテリの存在意義を否定する、半インテリ。反インテリなのだが、どうしても半インテリになってしまうところが面白い。

I agree on his stance definitely.

インテリを目指すのは勝手だが、インテリとして認知された段階で退廃は極まる。一部のインテリの「テキスト」と「人となり」の著しいギャップについては、いかにもありえる話だと思った。

I must make money to feed my family. This is why I cannot pay attention to remarks and writings of intellectuals anymore.

悲しいことではあるが、勢古のいうとおり、加齢につれて、思想ではなく、生活に重点が移っていく。構造主義やポストモダンは高級すぎて、もはや生活との接点がない。

今日は、サラリーマンサバイバル日記にぴったりの内容となった。看板にいつわりなし。
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-10 17:05 | 読書の部屋

参議院選挙

I saw Ichiro Ozawa smiling to the audience for election campain near the Sapporo station.

明後日は参議院通常選挙だ。選挙前は、候補者が従業員に話をさせてくれといって、会社に依頼してくる。

Muneo Suzuki...one of his sons talked in front of employees and shook their hands and go out. Five minutes. No commitments.

Hajime Seki...he appealed he is akin to one of our company's top managements. So what? Where is his commitment?
[PR]
# by Yasuo_Ohno | 2004-07-10 02:13 | 砂上の楼閣・おやじの主張